HOME > なぜ私がこの仕事をしているのか

なぜ私がこの仕事をしているのか

 私は大きな挫折もなく何不自由ない人生を歩んでおりました。
ところが突然大切な人との関係が最悪な状態になり、人生の大きなピンチを迎えました。またその時、いいとは言えない出会いが多かったり、沢山お金を使ったりととどんどん状態が悪くなっていきました。
 しかし、私はこれを1つのプロジェクトと捉え、絶対に乗り越えてみせると心に決め、沢山の本を読んだり、コーチングを受けたり、心の構造を学んだりとあらゆる方法で関係を改善する方法を模索しました。
 また、その時私はこの資格は頂いてはいても、あまりにも難しいため仕事にできる程の自信もなく、四柱推命の事はすっかり諦めて、他の仕事をしようと考えていました。

 その時、ふと自分の四柱推命の命式を見直してみました。すると、その時期が空亡という思い通りに行きにくい時期であり、また相手も空亡に匹敵する時期にあったのです。
 そして、私は非常に我が強いと命式に出ており、気がつかないうちに自分本位の行動をしていたことに気が付きました。また、お金が出ていく事が多い傾向にあるとも出ていました。そして相手の命式をみて、何故そのようなことになったのかが理解できたのです。

 何年か前に四柱推命で鑑定していただいた時はふーんそうなんだ、位だったのですがこの事がきっかけでやはりこの学問は凄い。やはりこの仕事を一生の仕事にしようとまた再び勉強を始めました。
 このピンチから生まれ変わる程の沢山の事を学ばせていただき、また私は大きく成長することができました。当時はとっても苦しかったですが、私にとって必要な事でした。
 そして、四柱推命で自分の事も相手の事も理解する事ができて、心が軽くなりましたし、私の言動や人の見方が全く変わってしまいました。

親子関係や子育て、恋愛や夫婦関係、会社の同僚やお客様や友人との付き合い方など悩みの多くは人間関係だと思います。自分は勿論、誰にでも生まれ持った性質があります。まずそれを理解することによって、自分自身の取り扱い方がわかりますし、なんでこの人はこうなんだと悩む事も少なくなると思います。
 そして、上手くいかない時が来ても無駄にもがかなくてすむのです。

四柱推命・風水・家相の勉強を始めたきっかけ

私が何故この四柱推命・風水・家相の勉強を始めたかといいますと、結婚を機に元々好きだった「家」や「風水」に対しての興味が深まり、独学で家具や小物を選んだり配置をしていました。
 そして、タイに旅行に行った時、会社を経営されてるお友達とお話ししている時に、「こちらの成功されてるほとんどの方は風水をされてますよ」という言葉を聞いて、本格的に勉強してみようと思ったのです。

 「お得」や「開運」という言葉が好きな私は、少しの工夫で幸せを運んでくれる部屋に変わるのならやらなきゃもったいない、位の感覚で始めた勉強ですが、この学問は人間と宇宙との関係や法則、哲学でもあり、とても奥深いものだとわかりました。

 私は常々、生涯現役で自分が好きな事でかつ、人に喜んでいただける仕事をずっと探しておりました。

 そして勉強する程、また仕事をさせていただく程に、感動と喜びを感じています。お客様とお話していくうちに、みるみる目が輝いてきて、やってみます!と喜んで帰られたり、ベットの向きを変えた翌日から、いろんな人から連絡が入るようになりましたとか、私のお渡しした命式カルテをいつも持ち歩かれて、ちょこちょこ見ては励まされ、これを見ながら大変な事も乗り越える事ができました。とおっしゃっていただいたり、スポーツクラブのインストラクターさんはご自分のジムを持つ事になったりと、私自身がそういうお言葉を聞いては飛び上がって喜んでおります。

あなた自身が大切

 風水や家相を取り入れる事も大切ですが、あなた自身が輝いていなければ望んでいるものはあなたの前に現れません。
 結婚したくて神社巡りばかりしているなど、やり方を間違っている方が沢山います。
 私はその場に合った、また目的に合った自己演出や装いは絶対に必要だと思っております。私自身、メークやおしゃれの力なくては、現在の自分はいないと思っております。なので私は長年に渡って、スキンケアや開運メイク、ビジュアルコーディネートなどの勉強もいたしました。
 広く言えば、表情、声の出しかた、言葉使い、たたずまい、考え方などすべてにおいて、自分自身を十分に活用させていない状態はもったいないことであり、自分に失礼だと思っています。


あなたが輝くと、ご主人様もお子様も同僚の方にも伝染して、みんなワクワクしてきます。

 そして、内面は絶対に表に滲み出てきます。心も体もキラキラと光りを放ち、周りを照らす人に皆様と一緒になっていけたらと思っております。